2013年4月1日月曜日

試乗 2013-2014 ATOMIC REDSTER FIS-SL M 165cm

ATOMIC REDSTER FIS-SL M 165cm
いわゆる市販の選手用。
ATOMICのグランドコート着てビンディング調整してくれたお姉さん曰く、
「今まで強情なスキーでしたが、人の言うことを聞くようになりました」
だそうです。
ちなみに公式見解は
「マルセルヒルシャーによって開発されたBIONIC構造で、鋭いエッジコントロール性能を実現!」
だそうですが、スキーの設計開発をするわけではないので、構造はどうでもいいかな。
滑ってみてよければ○で、ダメなら×ってことで。



試乗スキーとしての人気はいまいちなのか、スキーを交換に来るたびにかなりの確率で在庫されていました。

■見た目。
残念ながらMarcel Hirscher柄ではありません(買う気はないですけど)。Marcel柄は、RACEモデルとして国内でも販売されるのではないかという話をちらほらと聞いたことがあります。
プリントは違いますが、自分のRS-SLと比べても手に持っただけだと違和感なし。

BIONIC構造ってことで、ラミネート(キャップ)の下にサイドウォールが見えます。デュアルテック(古いか)みたいな見た目です。

エッジはイマイチたってない。AC169と似たような、柔らかい雪でいろんな人が履くようにした感じ。
滑走面は、エキスパートレンタルと同じパターンで同じような深さのストラクチャが入っていました。



■乗ってからの感想。
履いただけでも柔らかくて張りが違うのがわかりました。
滑り出すと、スキーがよく滑ります。やっぱり春の雪には深いストラクチャーがいいのは本当かも。
ターンをするとトップの方(ATOMICのロゴのOのあたり)が柔らかくなっていることが感じられてターンに入りやすい。
それから、ターンに入ってからも私の3年前のモデルより切り上がってくる感じが強いです。
ポールセットはなかったので、セットの中での挙動はわかりませんが、ポール過ぎたところで巻き上げてくる動きになるのもわかる気がします。

確かに、
「今まで強情なスキーでしたが、人の言うことを聞くようになりました」
というのもうなずけます。

エッジは立ってないからエッジグリップは大して強くなかったですが、トーションが弱くてずれているわけではないので、チューンで直る気がします。
エッジをかっちりたてるチューンをしたらキツイ性格になるのかな?

○か×かで言えば○。私的には◎。
これは欲しくなりました。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

「O」のあたりが噛むってことは、この板はロッカータイプなんじゃないですか?

kaizo さんのコメント...

匿名さん

「O」のあたりが、という話は、
「2011モデルに比べると、「O」のあたりが柔らかくたわむ」
ということで、「「O」のあたりが噛む」というわけではありません。

ちなみに、エッジのグリップ、噛む、という観点だと、このスキーはトップからテールまできれいにグリップします。

ロッカーか、という点ではトップが反り返ったロッカーではないですよ。